【スポンサードリンク】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

ガリレオ 第7話 あらすじ

映画化も決まって、その公開が待ち遠しいドラマ「ガリレオ」のあらすじで~す。

第7話「予知る」

湯川(福山雅治)と薫(柴咲コウ)は、あろうことか研究室の助手・栗林(渡辺いっけい)から、不可思議な事件について相談をされた。

事件が起きたのは半年前。

栗林の友人で、大手食品加工会社を経営する資産家・菅原(塚地武雅)は、静子(深田恭子)と結婚してすぐに、飲食店で知り合った冬美(桜井千寿)という女性と浮気してしまった…。

そして、菅原のマンションに、大学時代の後輩・峰村(佐藤重幸)が遊びにきたが、実は菅原に妻・静子を紹介したのが峰村なのだった。

この峰村が遊びにきていたときに、偶然にも菅原の携帯電話に浮気相手の冬美から電話が入った。

冬美は、窓の外を見るよう菅原に言う。なんと、向かいのマンションの一室にいた冬美は「結婚してくれないなら死ぬ」と菅原に告げると、彼が見ている前で、ロープで首をつって自殺を図った。

この一件が原因で、菅原は、静子から離婚を言い渡され、多額の慰謝料を請求され、住んでいたマンションの権利を取られてしまった。

栗林から話を聞いた薫は、浮気した上に相手を自殺に追い込んだのだから自業自得だと思っていた。

しかし、この事件には、ひとつ大きな不思議があった。それは菅原は、冬美が自殺する1週間前、同じ向かいの部屋で女性が首を吊るのを見ていたというのだ。

その日、菅原は、出張だと嘘をついて、同じマンションの上階に住む友人の部屋でアダルトビデオのDVDを見ていたのだが、偶然、その問題の自殺の場面を目撃したのは深夜2時ごろだったらしい。

カーテンを閉めようとした菅原が、明かりがついている向かいのマンションの部屋に目をやったそのとき、室内にいた女性が首にロープを巻き、乗っていたイスを蹴って首を吊ったという。

そして、ふいに部屋の電気が消えたので、その女性の顔は見えなかった。

菅原は、友人にもこの話をしていた。

栗林は、菅原が冬美の自殺を予知していたと考え、その謎を解明したいと湯川たちに頼みこむのだった。

菅原から事情を聞いた湯川たちは、冬美が住んでいたマンションを見にいく。

マンションの管理人によると、事件の1週間前に停電などはなかったこと、そして菅原の元妻・静子が事件後も同じ部屋に住んでいることを教えられた。湯川は、薫の反対を押し切って、静子に会いに行く。

静子は、湯川の訪問を歓迎したが、そんな静子に湯川は「菅原が自殺を予知した」と言い、さらに事件の1週間前に何か見なかったかどうかを聞き出そうとした。

静子は、その時間はもう寝ていた、と言う。「その時間というのは、どの時間ですか?」。湯川は静子にそう聞き返したが、彼女は落ち着いた態度で「真夜中のことだと思った」と答えた…。

このあと、湯川は、そのマンションから事件があった向かいのマンションまで全力疾走してみた。経過時間は1分足らずだった。薫は、湯川が何をしようとしているのかがわからず、ちんぷんかんぷんだったが、湯川は、薫の質問には答えず、今度は峰村に会いに行くと言い出した。

峰村が勤めているのはロボット関連メーカー。

そして、湯川は「何かスポーツをやっているか」と峰村に聞いた。彼は「ジムで鍛えている」と答えたが、管理人の話によれば、事件があったとき、峰村は汗だくで息も切れ切れだったらしい。

しかし、湯川は、ふたつのマンションの間の距離が走って1分足らずしかないのだから、汗だくになるのはおかしいと思った。そしてここにトリックが隠されていると確信した湯川は、菅原と冬美の電話が終わった時刻を調べるよう薫に頼んだ。

その夜、静子は峰村と会った。峰村は、湯川たちが事件を調べ始めたことに不安を感じていたが、静子は、そんな峰村を冷たい目で睨みつけ、たしなめた。

翌日、薫は、湯川に通話記録を教えた。そして、そこには、約4分間の空白の時間があることが判明。それを受けて、湯川たちは、再び峰村の会社に…。が、峰村は欠勤していた。そのとき、納入業者の車に積まれていた荷物を見て、湯川は閃いた。

湯川は、研究室に薫を呼び、自殺のトリックを再現してみせた。

それは、電圧を加えると粘性が変化するER流体を利用して、自殺に使われたパイプハンガーが上下するようになっているものだった。

ER流体は、ロボットにとっての筋肉の役割を果たすために峰村の会社では大量に使われているモノだったのだ。つまり、湯川が峰村の会社で見たものは、ER流体の業者のトラックだったのだ。

菅原の浮気相手・冬美は、峰村にそそのかされて、狂言自殺騒動を起こしたという訳だ。そして、自殺に使われたパイプハンガーは、スイッチを使って自分でパイプを下げられる仕組みになっていて、菅原が事件の1週間前に見たのは、冬美が予行練習をしたときのものだったのだ。

しかし、事件当日、予行練習で装置の安全性を確認した冬美は、何の疑いも持たず、計画通り狂言自殺をしようとした。が、峰村は、遠隔操作で冬美がスイッチを押してもER流体に電流が流れ続け、パイプが下がらないようにしていた。

4分の空白時間があったのは、峰村が管理人を訪ねる前に、その問題の装置を撤収したためと推測された。

湯川がここまで説明し終わったとき、薫の携帯電話に同僚刑事の弓削(品川祐)から連絡が入った。

なんと、峰村が水死体で発見されたという。美人監察医・桜子(真矢みき)によると、死因は溺死だった。

その夜、ひとり研究室に残ってある装置の準備をしていた栗林は、やってきた湯川に、実は自分が菅原に嫉妬していたのだと告白した。湯川は、そんな栗林の思いを黙って受け止めながら、作業を手伝ってやるのだった。

さらに翌日、静子は、菅原からの電話を受けた。

菅原は、浮気相手の冬美がいたマンションで、彼女と同じように首にロープをかけたまま静子を見つめていた。

菅原は、静子とやり直せないなら死ぬしかない、と言う。さらに、実は自分は末期ガンに侵されているのだと続けた。「僕の全財産をあげるつもりだったんだ。最後に幸せな1ヵ月をくれたら…」。

菅原のこの突然の告白に、静子は慌てて部屋を飛び出したが…。


【関連記事】
ガリレオ、映画化が決定!!


ガリレオ 秋の新ドラマ紹介ブログ トップページへ戻る

テーマ:ガリレオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

03 : 34 : 24 | ガリレオ あらすじ | トラックバック(0) | コメント(3) pagetop

ガリレオ 第6話 あらすじ

ドラマ「ガリレオ」のあらすじです。

第6話「夢想る」

ガリレオこと湯川(福山雅治)は、貝塚北署の薫(柴咲コウ)から、彼女の幼なじみが起こした事件についての捜査協力を依頼された。そして、その事件の背景には、予知能力があるとしか思えない不可思議な現象が関係していた。

この謎めいた事件が起きたのは森崎家の屋敷でのことだった。17歳の女子高生・森崎礼美(堀北真希)が二階の自室で寝ていたところに、坂木(新井浩文)という男がいきなり忍び込み、暴行を働こうとしたというのだ。

そして物音に気づいた礼美の母・森崎由美子(手塚理美)は、娘の部屋に駆けつけ、坂木に向かって猟銃を発砲した。幸い礼美は無事だったが、容疑者の坂木は傷を負ったまま現在も逃走中であるという。

実は坂木は、薫とは小学校時代の同級生で、現在は占い師をしていた。坂木の占いの店の名前は『モリサキレミの占いの館』!

つい最近、薫は、偶然この店を訪れ、坂木と再会を果たしていた。その際、坂木は、モリサキレミとは自分の守護天使の名前だ、などと薫に説明していた。

捜査にあたった弓削(品川祐)たちは、坂木が客として店にやってきた礼美のことを、ここひと月ほどの間ストーキングしていた、と薫に告げる。その間、坂木は、「僕と君は赤い糸で結ばれている」といった内容の手紙を何通も礼美に送りつけていたらしいのだ。

薫は、坂木の店と、礼美の名前が同じことに不審を抱いた。礼美の母・由美子によれば、礼美は、1ヵ月前に友人に誘われて坂木の店を訪れるまで、彼とは面識がまったくなかったという。しかし、坂木が店を出したのは数年前のこと…これはまったくの偶然なのか?

しかし、弓削は、容疑者の知り合いだという理由で薫を捜査から外してしまう。そんな折、薫の携帯電話に坂木から連絡が入る。

そして、坂木は薫に、自分を部屋に呼んだのは礼美の方だと薫に告げる。坂木が占いに使っていた水瓶に、「会いに来て」という礼美からのメッセージが浮かんだというのだ。いったいこの摩訶不思議な現象は…?

 湯川の元を訪れた薫は、事件の経緯を説明するが、ガリレオこと湯川は、ストーカーの妄想にしか思えない、と薫に告げた。すると薫は、一冊の文集を取り出し、坂木が小学生のころ書いたという作文を湯川に見せた。何とそこには、「僕の夢は、モリサキレミと結婚すること」と書かれていた!しかも、その文章の横には、礼美の部屋の飾り窓とそっくりな絵まで添えられていた。つまり坂木は、17年前…礼美が生まれるよりも前から、彼女と出会うことを知っていたのではないか、と薫はいうのだ。

ここまで聞いて初めてこの一件に強い興味を抱いた湯川は、薫とともに坂木の店を訪れる。そこで湯川は、占いに使用していた問題の水瓶から、水を採取する。

続いて湯川たちは、坂木の家を訪れた。坂木の母・香奈子(大島蓉子)と再会した薫は、子どものころ、坂木と一緒に、北野宗平という画家の家によく遊びに行っていたことを思い出した。

薫と坂木は、宗平から教えてもらった絵描き歌を歌いながら、よく塀にチョークで絵を描いていたのだ。薫が転校した後も、坂木は宗平のところに絵を習いに行っていた、と香奈子は証言した。が、宗平はその後、身重の妻を残して事故で亡くなってしまったらしい。

薫は、この事件に関わらないほうがいい、と桜子(真矢みき)から助言される。私情を挟まずに捜査することはできない、と桜子はいうのだ。それでも薫は諦めきれず、礼美に接触しようと試みた。だが、警察がガードしていることもあって、礼美には近づくことができなかった。

薫は、再び湯川の研究室を訪れた。湯川は、水面に浮かんだ文字の謎を解明しようと研究を続けていた。するとそこに、再び坂木から電話が入った。坂木は、大森埠頭にいるのだという。薫は、そんな坂木に自首を勧めるために、彼と会う約束をする。

その会話を聞いていた湯川は、容疑者の居場所が分かったのならいますぐ署に連絡して、逮捕の準備をするべきだと薫に告げた。薫は、自分が間違っていることを知りながら、人を助けてあげたいと思ったことはないのか、とつい感情的になって反発してしまう。

湯川は、そんな薫に、心の問題は専門外だから好きにすればいい、と冷静に答えた。すると薫は、「学者は、人の心のことより、数字や記号と向き合っていることの方が大事なんですね」といい残して、部屋を後にした。

薫は、坂木と約束した埠頭に向かい、指定されたダルマ船を探す。一方、湯川は、助手の栗林(渡辺いっけい)らに、北野宗平の絵を探すよう指示すると、かつて宗平が住んでいた廃屋を訪ねる。そこで湯川は、ベビー用品などとともに、1枚の写真を見つける。

ダルマ船を見つけた薫は、その中に降りた。しかし坂木は、そこにやってきた湯川の姿を見つけて薫に裏切られたと思い、ふたりを船の中に閉じ込めるとその場から逃げてしまう。

船内は携帯電話がつながらなかった。湯川は、助けを求めるため、携帯電話をロープで縛り、携帯メールを送信状態にしたまま、天井の窓に向かって投げた。失敗を繰り返しながら、何度もトライする湯川。そのとき湯川は、ニュートンやガリレオを例に、科学者は退屈な実験の繰り返しの中で人との繋がりを感じることがある、と薫に告げる。

日々犯罪者を追う刑事がそうであるように、科学者も人間嫌いではないというのだ。薫は、そんな湯川を見つめながら、本気で人のために頑張ったことがあるか、と尋ねた。湯川は、それに答える代わりに、携帯電話を薫に放った。メールがやっとのことで送信されたのだ。

無事救出された薫は、港湾事務所から署に連絡を入れた。そこで、坂木が検問に引っかかって逮捕されたことを知った薫は、湯川を大学まで送り届けて署に戻ろうとした。すると湯川は、森崎家に寄って欲しいと言い出す。湯川と薫は、森崎家を訪れた。その外観を見た湯川の脳裏に、何かが閃いた。そして湯川は、モリサキレミは実在する女性であり、なんと!その正体は薫だ、と告げるのだった。

研究室に戻った湯川は、北野宗平と森崎家の間には重大な繋がりがある、と薫に切り出した。薫たちが覚えていた絵描き歌は宗平が見た森崎家であること、宗平は森崎家の絵を描いており、坂木もそれを見ていること…。決定的だったのは、宗平の妻のことだった。薫たちも会っているというその女性は、実は彼の妻ではなく、由美子だというのだ。何故なら、宗平の妻は薫たちが小学校に上がる前に他界していたからだった。

湯川は、宗平の画集を取り出し、彼の代表作にもなっている連作を薫に見せた。その題名は「礼美」。由美子は、不倫相手である宗平の子どもを身ごもっていたのだ。由美子が宗平の元を去ってから、彼は毎日のように遊びにくるある少女に、失った娘の姿を重ねるようになり、その少女のことを「レミ」と呼ぶようになった。その少女こそ、薫だというのだ。

さらに続けて湯川は、坂木を礼美の部屋に呼んだのは、由美子だと薫に告げた。礼美宛ての手紙から坂木の存在に気づいた由美子は、正当防衛に見せかけようとして彼を殺害しようとしたというのだ。

坂木の店で、水瓶に浮かんだという文字を細工したのも、由美子だという。それはオブラートに油性ペンで文字を書く、というトリックだった。由美子は、誰にも知られたくない過去を葬り去るために、この事件を起こしたのだ。宗平は、礼美を取り戻すために何度も森崎家に足を運んでいた。「北野宗平は本当に事故死なのか?」。湯川の言葉に、薫は愕然となるが…。

事情聴取を受けた由美子は、すべてを自供した。釈放された坂木は、ずっと好きだった「モリサキレミ」が実は薫のことだったと知り、軽いショックを受けているようだった。そのことで笑い合う薫と坂木。坂木は、薫に礼を言うと、また占いに来て欲しい、と彼女に告げ…。

[記事引用]
ガリレオ フジテレビ公式サイト


ガリレオ 第1話 ドラマのあらすじ
ガリレオ 第2話 ドラマのあらすじ
ガリレオ 第3話 ドラマのあらすじ
ガリレオ 第4話 ドラマのあらすじ
ガリレオ 第5話 ドラマのあらすじ


ガリレオ 秋の新ドラマ紹介ブログ トップページへ戻る

テーマ:ガリレオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

01 : 23 : 49 | ガリレオ あらすじ | トラックバック(0) | コメント(2) pagetop

ガリレオ 第5話 あらすじ

ドラマ「ガリレオ」のあらすじです。

第5話「絞殺る」

ガリレオこと湯川(福山雅治)の元を訪れた薫(柴咲コウ)は、たまたまゼミの学生・紗江子(葵)が「どうして結婚はダメなんですか?」と湯川に泣きついているのを見て、紗江子が湯川に迫っていると勘違いしてしまう。

そのため薫は、紗江子に対して冷たい態度をとった湯川を「卑怯者」と非難するが、実は紗江子は、アーチェリー部の長谷部(弓削智久)と学生結婚しようとして周囲から猛反対されてしまい、湯川に助けを求めようとしていただけだった…。

薫は自分が早とちりしてしまったことを誤魔化し、慌てて湯川に捜査協力の話を切り出す。。。

それは、管内のホテルで起きた密室殺人事件だった。

被害者は、長野でペンションを経営する矢島(岡本光太郎)という男で、死亡推定時刻は、矢島がホテルにチェックインしてからちょうど1時間後の午後6時。

実は、矢島がチェックインする少し前から、部屋の前の廊下で電気配線のチェックが行われていたのだが、作業員によれば、3時間近くに及んだその修理中、その部屋に入ったのは矢島だけだという。

しかし、部屋には矢島と犯人が飲んだと思われるコーヒーの容器が2つ残されており、矢島が飲んだと思われる容器からは睡眠薬が検出されていた…。

このことから、犯人は矢島を眠らせた後、絞殺したものと思われたが、では何故、目撃されていないのか? …しかも、謎はそれだけではなかった。

実は、ホテルの対面にあるビルで働く会社員(利重剛)が、矢島の部屋で火の玉が飛んだのを見たと証言していたのだ。部屋の床には、そのためについたと思われる焦げ跡も残っていたが、これについてはまったくもって原因が不明だった。

警察は、矢島がここ数ヵ月の間に、複数の生命保険に加入していることから、まず妻の貴子(水野美紀)に疑いの目を向ける。

しかし貴子は、事件があったと思われる時刻、東京から車で3時間ほどかかる地元のスーパーで買い物をしている姿が目撃されており、アリバイは完璧だった。

この事件に興味を抱いた湯川は、事件現場を見た後、薫とともに矢島のペンションを訪れて貴子に会う。貴子は、ひどくやつれたようすだった。

事件のことを訪ねられた貴子は、犯人のことはもちろん、目撃されたという火の玉のことも見当がつかない、と答えた。

矢島と貴子は、喘息の持病を持つひとり娘・秋穗(大後寿々花)のために、この土地に引っ越してきたのだという。このとき湯川は、事件の翌日、秋穗が学校に行ってからどうしたのか?と貴子に強く尋ねた。貴子は、ひとりでずっと家にいた、と答えるのだが…。

あくる日、薫と弓削(品川祐)が捜査から戻ると、そこに秋穗がやってきた。秋穗は「貴子が嘘をついている」というのだ。実は秋穗は、事件前日の晩、ペンション内にあるステンドグラス工房で火の玉を目撃し、貴子にもそのことを話したというのだ。

薫は、秋穗とともに湯川の元に向かった。

湯川は、助手の栗林(渡辺いっけい)にも手伝ってもらい、さまざまな火の玉を作って秋穗に見せてみる。

しかし、そのどれも、秋穗が目撃したものとは違うらしい。…すると秋穗は「火の玉の正体が知りたくて来たんじゃない!」といきなり声を荒げる。

さらに秋穗は、最近の貴子のようすから、他にも隠し事をしているはずだ、と続けた。すると湯川は、ひとつひとつの事実を検証もせずに人を疑うような発言は慎むべきだ、と秋穗に告げる。

カッとなった秋穗は「警察も貴子を疑っているくせにっ!」と叫んだ。次の瞬間、突然咳き込み、胸を押さえて蹲る秋穗。。。

しかし、カバンから取り出した携帯用噴霧器は、中身が空だった。栗林は慌てて医務室に向かおうとした。そこで湯川は、秋穗にコーヒーを飲ませ、落ち着かせた。
カフェインには気管支を拡張する効果があるのだという。

薫は、秋穗を自宅まで送り届けた。その際、ステンドグラスの工房を見せてもらった薫は、あるものに違和感を抱く…。

薫が戻ろうとすると、そこに秋穗がやってくる。秋穗は、少し戸惑いながらも、本当の気持ちを薫に打ち明けた。

自分の体のせいで住み始めたこの場所も、恩着せがましい父親のことも嫌いで、父親とはよくケンカをしたこと、でも両親はとても仲が良かったこと…。

秋穗は「そんな母が父を殺した犯人とはとても思えない」というのだ。薫は、そんな秋穗に礼を言うと、優しく微笑んだ。

聞き込みを続けた薫は、新たな情報を入手する。

向かいのビルの会社員は、火の玉を2回見ていたのだ。薫は、湯川の元にその報告に行った。

湯川は、アーチェリー場にいた。そのとき、薫は、あることに気づく。アーチェリー場に貼られていた「一射入魂」という文字を、薫は、ステンドグラス工房でも見ていたのだ。

それを聞いた瞬間、湯川の脳裏に今回の事件の全体像が浮かんだ!

湯川は、研究室に学生たちを集め、実験の準備をする。「矢島は自殺した」と湯川は言うのだ。

用意されたのは、マネキン、長短2本の弦が張られたアーチェリーの弓、ふたつのハンダごてとタイマーコンセント。

湯川は、2本張られた弦のうち、緩い方をマネキンの首に巻きつけ、きつく張られたもう一方の弦にハンダごてを当てた。弦は、高密度ポリエチレンでできているため、熱に弱いのだ。

タイマーセットされたコンセントは、やがて電流を流し、短い弦を焼ききった。すると、首に巻かれた弦がマネキンの首を絞めて伸びきった。

さらにその後、遅れてセットされていたもうひとつのハンダごてが熱を発し、首を絞めていた弦を焼き切った。

ふたつの火の玉の正体は、焼き切られたとき、2本の弦の先端についた炎だったのだ!

矢島は、他殺に見せかけるために慎重に準備を進め、自殺の前夜、工房でテストまでしていたようだった。

秋穗が見た火の玉は、その際のものだと思われた。使った道具類は、すべて貴子が回収した、というのが湯川の推測だった。

別の日、取り調べを受けた貴子は、すべて告白した。

自宅からは、矢島が使用したアーチェリーの弓やハンダごてを改良したものなどが押収されていた。

貴子は、自殺する前の夫から電話で指示され、彼が死んだ翌朝にホテルを訪れていた。そこで始めて夫の死を知った貴子は、必死に動揺を抑えながら、矢島が残した手紙どおりに、道具を回収して戻ったのだという。

遺書には、こんな形でしか家族を守れない自分を許してほしい、と記されていた。

薫は、何故矢島の指示通り、道具を処分しなかったのか、と貴子に尋ねた。すべて処分していれば、矢島の計画は成功していたかもしれなかったのだ。

すると貴子は「捨てられるわけがないじゃないですか!だって、あの人の大切な形見なんですもの…」と涙ながらに答える。

同じころ、秋穗は、湯川を訪ねていた。ステンドグラスでできた手作りのコースターを2枚、湯川に手渡す秋穗。湯川と薫への感謝のしるしだという。

秋穗は、これからは自分が母親を守っていく、と湯川に告げると、「こういうとき、普通は泣くものかもしれないけど、親の苦労、ずっと見てきたからかな。ひねくれているの」と言って微笑んだ。

すると湯川は、ひねくれているのではなく論理的で建設的と捉えるべきだと秋穗に告げる。何故なら自分も、両親の苦労を見てきたが、まったくひねくれていないからだ、と…???^^

湯川の元を訪れた薫は、検察が貴子の起訴を見送ったことを報告した。だが、貴子たちは自己破産と債務処理の手続きをとって、秋穗と一緒に実家に戻ることになりそうだという。

薫は、どの段階で自殺だと思ったのか、と湯川に尋ねた。すると湯川は、事件現場を見たときだと答えた。

コーヒーの容器を持ち去らずに指紋をふき取って残していった点、そして睡眠薬を使ったにもかかわらず死体がベッドに横たわっていた点から、事件は密室殺人ではなく、被害者以外、部屋には誰も入ってこなかった、と考えたのだ。

この洞察力には薫も関心せざるを得なかった…。

[記事引用]
ガリレオ フジテレビ公式サイト


ガリレオ 第1話 ドラマのあらすじ
ガリレオ 第2話 ドラマのあらすじ
ガリレオ 第3話 ドラマのあらすじ
ガリレオ 第4話 ドラマのあらすじ
ガリレオ 第5話 ドラマのあらすじ


ガリレオ 秋の新ドラマ紹介ブログ トップページへ戻る

テーマ:ガリレオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

20 : 58 : 07 | ガリレオ あらすじ | トラックバック(3) | コメント(2) pagetop
前ページ | ホーム | 次ページ

プロフィール

★獅子丸★

Author:★獅子丸★
FC2ブログへようこそ!

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数 人が登録
▲ぜひご登録お願いします♪

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。