【スポンサードリンク】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

ガリレオ 第10話(最終回) あらすじ

映画化も決まって、その公開が待ち遠しいドラマ「ガリレオ」の最終回のあらすじで~す。映画の方も待ち遠しいですが、ドラマのあらすじもおさらいしてみましょう…。

第10話(最終回)「爆ぜる ~後編~」

ガリレオこと天才物理学者・湯川(福山雅治)は、かつての恩師・木島(久米宏)が海外出張から帰国するのを待って、彼の自宅を訪れた。

草薙(北村一輝)からの連絡で、自然公園で発見された射殺体と、龍仁湖の爆死事件の被害者がいずれも木島の会社の人間だと知った湯川は、事件のことを彼に話しはじめる。

ガリレオ・湯川は、両方の事件の被害者が放射線被爆していた点から考え、中性子を100%反射する幻の合金・レッドマーキュリーの研究をいまでも続けているのでは?、と木島に問いかけた。

その合金は、少量のプルトニウムでも原子炉を作ることができるが、同時に軍事利用も可能という極めてやっかいな素材だった。

木島が帝都大学原子力工学科の教授だったころ、湯川も彼の下でこの研究をしていたのだ。木島は、当時の自分の考えが間違っていたとは思わないが、いまはレッドマーキュリーの研究はしていないと答えた。

ガリレオ・湯川は、このふたつの事件の真相は必ず明らかにする、と木島に告げ、彼の家を後にする。

同じころ、湯川の研究室で薫(柴咲コウ)は、助手の栗林(渡辺いっけい)から、湯川と木島の関係について聞いた。

栗林は、木島が大学を解雇されたのは、きっと湯川が彼の研究を告発したからだ、と言うのだ。そして、栗林は、将来を期待されている湯川は木島のような人間と関わるべきではなく、それ故にこれ以上、われわれの邪魔をしないくれ、と薫に頭を下げた。

この話にショックを受けた薫は、湯川からの電話にも出ず、弓削(品川祐)とともに木島の会社を改めて調査し直す。しかし、事件に関係するような情報は一切見つからなかった。

薫たちは、木島本人からも事情を聞いた。木島と射殺された藤川(坂本真)が言い争っていたという目撃証言があったからだ。しかし木島は、学術的な見解の相違について話していただけだ、と返答する。

その夜、薫のところに珍しく湯川がやってくる。

電話に出ない理由を聞かれた薫は、ガリレオ・湯川に頼るのが当たり前になってしまったのを反省した、と言ってはぐらかすが、そんな薫の話に理解を示した湯川は、これ以上関わるのはやめよう、と言いつつ、今回の事件はちゃんと解明する、と約束するのだった。

しかし、その翌日、思わぬ方向に事件は展開する。

なんと、木島の秘書の京子(本上まなみ)が、ふたつの事件は自分の犯行だという遺書を残して自殺してしまうのだ。

この遺書によれば、動機は三角関係が原因だった。そして、京子が自殺に使った拳銃は藤川の殺害に使われたものと同じだった。

しかし薫は、この事件にはまだまだ何か裏がある、と考え、捜査の継続を弓削に訴えた。
 
ガリレオ・湯川が今回の事件を諦めるつもりがないのを知った栗林は、珍しく自分から進んで手伝い始める。そして龍仁湖に出向いて、情報を収集して戻ってくるが、そんな栗林を見て村瀬(林剛史)ら湯川ゼミの学生たちも、栗林が持ってきた情報の整理を手伝い始めた。  

ガリレオ・湯川は、龍仁湖で起きた爆発事故は、何らかのアルカリ金属と水の反応によるものだと説明した。だが爆発の規模から考えて、従来の金属ではほとんど不可能なことも分かっていた…。

そのとき、草薙から連絡が入り、龍仁湖で爆死した梅里(升毅)が武器商人だったという情報が判明。梅里と藤川の写真を見ていた湯川は、木島の言葉を思い出しながら、事件の経緯を再考しはじめた。

木島は、「君のレポートは根本から書き直したほうがいい」と湯川に言ったのだ。湯川は、梅里を殺したのは藤川ではないか、と考え、もう一度、ふたりの写真を見てみた。

そして湯川は、藤川の机に「SUPER NaK」というファイルがあることに気づく。SUPER NaKとは、開発途中だったが、核反応の冷却に使うナトリウム合金だった。

ガリレオ・湯川は、藤川にできて自分たちにできないはずはない、と、学生たちにその開発と実証を行うことを宣言する。

一方、監察医・桜子(真矢みき)の助言で、科捜研の音響研究所に藤川が残した留守番電話の音声を調べていた薫は、問題の音声が“藤川の声をサンプリングして”作り上げたものであることを発見。薫からの報告を受けた草薙は、捜査を一からやり直すことになったと彼女に告げ、そして今夜は休むようにと告げた。

薫が帰宅しようとしていた矢先、湯川から電話が入り、話したいことがあるから研究室に来て欲しい、と薫に言う。薫は、戸惑いながらも、彼に会いに行くが…。


SUPER NaKの開発に成功し、爆発実験も終えた湯川が研究室に戻ると、そこに木島がいた。

湯川は、藤川が、自分たちの会社に潜入した武器商人・梅里を殺害したこと、その手段としてSUPER NaKを使用したこと、そして刺し違える覚悟で木島邸に行き、逆に木島に射殺されたこと、これらの話を木島にひとつひとつ問いかけるように話した。

さらに、アリバイのため、京子が藤川になりすまし、留守番電話の声を偽造したこと、そして木島が京子に罪を着せて殺したことも…。

木島は、そんな湯川の推理に関心しながらも、ひとつだけ間違っているという。それは、京子が、木島の研究を守るために、自ら死を選んだ点だという。

木島は「唯一の理解者であった京子の期待に応えるために研究を続けていた」、そう湯川に告げると、研究室の一角にあるカーテンを開けた。

なんと!そこには、猿轡をされて拘束された薫がいるではないか!そして、その体はレッドマーキュリー合金を使った装置に繋がれていた。「深夜0時までに解除しないと、東京の半分が壊滅する」木島は、そう湯川に告げた…。


【関連記事】
ガリレオ、映画化が決定!! 
※今秋公開予定の映画版「ガリレオ」に期待しましょう。当ブログでは映画化の最新情報が入り次第、お届けします。


ガリレオ 秋の新ドラマ紹介ブログ トップページへ戻る
スポンサーサイト

テーマ:ガリレオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

05 : 06 : 48 | ガリレオ あらすじ | トラックバック(0) | コメント(3) pagetop

ガリレオ 第9話 あらすじ

映画化も決まって、その公開が待ち遠しいドラマ「ガリレオ」のあらすじで~す。映画の方も待ち遠しいですが、ドラマのあらすじもおさらいしてみましょう…。

第9話「爆ぜる ~前編~」

10月13日の深夜のこと、栃木県の龍仁湖というところで原因不明の爆発事故が発生した。湖上のボートが、突然火柱を上げて爆発し、木っ端微塵に吹き飛んだのだという。

この事故からひと月半ほどたったある日、湯川(福山雅治)は、薫(柴咲コウ)から、帝都大学の卒業生が巻き込まれた奇怪な事件の話を聞いていた…。

薫と弓削(品川祐)は、とある中学校の文化祭で防犯に関する公開授業を行った後、美術部の生徒が展示していた“ゾンビのデスマスク”という石膏の仮面を見てびっくり。それは、あまりにもリアルな顔の仮面だったからだ。

そして、そこに偶然現れた藤川伸江(泉晶子)という女性は、この仮面を見て震えだした。…伸江は、このデスマスクが失踪した自分の息子のものだ、というのだ。

薫たちは、仮面を作った生徒から話を聞いたが、展示した仮面は、自然公園の池で拾った金属製の仮面を型にして作ったものだという。

さっそく自然公園を調査した薫たちは、池の底に沈んでいた男性の遺体を発見した。遺体は、医療機器専門メーカーに勤務する藤川雄一(坂本真)だと判明。そう、他ならぬ藤川伸江の息子だったのだ。

伸江は、1ヵ月ほど前から連絡が取れなくなった息子を心配して、警察に捜索願を出していたという。

藤川の額は銃痕があったことから、殺害の可能性が大だったが、この藤川は、帝都大学の出身で、現在のエネルギー工学科の前身である原子力工学科の卒業生でもあった。

藤川は、アパートの管理人がバイクに乗って出かける姿を10月21日に目撃していることから、21日の午後3時半から、生徒が金属製のマスクを発見したという11月1日までの間に殺害されたと推測された。

湯川は、デスマスク(死体の顔型)が池に浮かんだという現象に興味をもって、薫とともに自然公園に向かった。

その池は、不法投棄が跡を絶たない場所で、発見された金属製の仮面も、もともとは池に投棄されたアルミ板だった。

そして、奇妙な新事実を監察医の桜子(真矢みき)が教えてくれた。藤川は、放射線被爆していたらしいのだ。しかも非常に珍しいケースで、中性子線を浴びた可能性が高かった。

薫たちは、藤川の勤務先、K・Sメディカルエンジニアリングの設立者が、帝都大学原子力学科の元教授・木島征志郎(久米宏)であることを突き止めた。

さらに、藤川が消息を絶つ5日前、藤川と木島が、言い争っている姿も目撃されていた。

薫と弓削は、木島に事情を聞こうと試みたが、木島は海外出張中で不在だった。

だが、木島の秘書兼助手だという京子(本上まなみ)の話では、藤川が殺害されたと思われる日も、木島は海外出張中だったらしい。

薫は、その報告をした際に、湯川のようすがいつもと違うことに気づいた。薫は、木島との間に何かあったのか、と湯川に尋ねるが、湯川は、何も教えてくれなかった。

そんな折、警視庁の草薙(北村一輝)が薫たちを訪ねてきて、龍仁湖で起きた爆発事故の話をはじめた。

湖に浮かんでいたボートが突然大爆発を起こし、乗っていた成人男性が死亡した事件だった。

発見された成人男性の肉片から、被害者が放射線被爆していたことがわかったという。しかも、藤川同様、中性子線に被爆していたらしい…。薫たちは、藤川の事件とこの爆発事故の関連について調べ始めた。

同じころ、やはり草薙から龍仁湖の事件について相談を受けていた湯川は、事件の記事を調べていた。それを見ていた栗林(渡辺いっけい)は、今回の件からは手を引いたほうがいいのでは?、と助言する。「もしこの事件と木島先生が関わっていたらどうするつもりなんです?」…栗林は、真剣に湯川に問いかけた。

翌日、ひとりで自然公園を訪れた湯川は、そこで廃棄物処理業者の原沢(不破万作)と知り合う。

原沢は、ボランティアで池の周りを片付けているのだったが、湯川は原沢の作業を手伝うと、そのついでに彼の会社に山積みになっている廃棄物を見せてもらった。

藤川の死体が見つかる前に回収したという廃棄物の山を調べていた湯川は、そこでコードがからみついた鉄骨を発見し、そして何かを閃いた…。


【関連記事】
ガリレオ、映画化が決定!! 
※今秋公開予定の映画版「ガリレオ」に期待しましょう。当ブログでは映画化の最新情報が入り次第、お届けします。


ガリレオ 秋の新ドラマ紹介ブログ トップページへ戻る

テーマ:ガリレオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

04 : 33 : 10 | ガリレオ あらすじ | トラックバック(0) | コメント(2) pagetop

ガリレオ 第8話 あらすじ

映画化も決まって、その公開が待ち遠しいドラマ「ガリレオ」のあらすじで~す。映画の方も待ち遠しいですが、ドラマのあらすじもおさらいしてみましょう…。

第8話「霊視る」

湯川(福山雅治)は、薫(柴咲コウ)からの依頼で、ある料理研究家の殺人事件の捜査に協力することになった。

事件が起きたのは、とある雑居ビルにある料理教室だった。

被害者は、料理研究家で、この教室の経営者のひとりだった前田美鈴(引田博子)。

共同経営者の金沢頼子(たくませいこ)が帰宅した後、残業をしていた美鈴は、侵入してきた小杉(飛田淳史)という男に全身をメッタ刺しにされて死亡した。

小杉は、不審な音に気づいた警備員にみつかり、逃亡しようとして窓から転落、やはり死亡している。

だが、この事件の謎は、どうしても被害者の美鈴と小杉の接点が見つからない点。

しかし、事件の1ヵ月ほど前、美鈴が近くの警察にストーカー被害の相談にやってきているので、この事件はストーカー殺人と考えられていた。そしてマスコミはこの点に注目し、警察の失態を非難してもいた…。

薫が湯川に相談したかったのは、実は、美鈴の妹・千晶(釈由美子)の証言についてだった。

千晶は、美鈴がストーカーに悩まされていることを知って心配し、度々、姉の部屋に泊まりに行っていたらしく、事件のあった夜も、千晶は美鈴の部屋で彼女の帰りを待っていた。

そして、そのとき千晶は、窓の外から「美鈴が室内を覗いている姿を見た」と証言しているのだった。

千晶は、美鈴が、それから10分たっても帰ってこないので気になり、彼女の携帯電話に電話していた。

だが、すでにそのときには、自宅から直線距離にして約30キロも離れた料理教室で美鈴は死んでいたのだった。

警備員が料理教室に入ったのは、その電話の直後だったからだ。

薫から詳しい話を聞いた湯川は、テレポーテーション…ごくわずかの時間、あるいは瞬間的に人や物が長距離を移動するという現象は世界中で報告されている、と言うと、とても興味深そうな顔をした。

翌日、薫は、監察医の桜子(真矢みき)が美鈴と友人関係にあったことを先輩刑事の弓削(品川祐)から聞いた。

桜子は、数年前に美鈴の料理教室に通い始め、それから彼女と意気投合したのだという。

薫は桜子を訪ね、千晶が犯行時刻と同じ頃に美鈴を見たと証言していること、そしてその謎を解明するために湯川に協力を頼んだことを告げる。

一方、湯川は薫とともに千晶を訪ねた。千晶は、美鈴の相談を軽んじた警察に対して強い怒りをおぼえていた。

しかし、真実を解明したいという薫の言葉に心を動かされ、美鈴の姿を見たときのようすを詳しく話し始める。

千晶は、姉の表情も、彼女が着ていた黄色いコートもはっきりと見た、と言った。

千晶の証言を受けて美鈴の部屋を訪れた湯川は、窓から見える庭は顔を見間違えるような距離ではないが、室内には加湿器があったことも同時にわかった…。

さらにあくる日、薫は再び桜子をたずねた。そして美鈴の検死結果を聞いたが、美鈴の死因は刺し傷による失血性ショックだったという。

しかし不気味なことに、致命傷と思われるのは270ヵ所あった刺し傷のうちの2ヵ所で、残りの268ヵ所は凶器の形状もまったく違うのだという。つまり美鈴は、致命傷を与えられた後に、別の刃物で268ヵ所も刺されていたというのだ。

桜子は、美鈴から相談を受けていたのに、何もしてあげられなかった、と強く悔やんでいた。

その言葉に対して、薫は、監察医として美鈴の体に残されたメッセージを伝えてくれた桜子の思いを受け止め、ひとりでもこの事件を徹底的に調べてみせる、と桜子に約束する。

同じころ、湯川は、いったいどうやったら10分で30キロも移動できるのか真剣に考えていた…。それを見て、学生たちは、テレポーテーションや超常現象関連など、普段は読まない本をチェックする湯川の姿に驚いていた。

再び湯川の元を訪れた薫は、小杉には親兄弟もおらず、友人といえるような人物もいなかったことを報告した。つまり、共犯者がいる可能性は極めて低い。それでも薫は、この事件には裏がある、と断言。そう、千晶が見たものと、被害者の傷の謎は、同じ原因に由来すると考えていたのだ。

栗林(渡辺いっけい)は、湯川を真似て、そんな薫の主張を非論理的だと馬鹿にする。が、湯川は、ニュートンの例を持ち出し「直感による原理から実証される真実は間違いなくあるものだ」と言い、さらに、薫の勘に従って、調べてみようと言い出すのだった。

そして、湯川は薫と一緒に小杉のアパートを訪れた。

そして、そこで高価なオーディオシステムを見つけ、「自分も以前から欲しいと思っていたものだ」という。

湯川は、いきなりヘッドフォンで音楽を聴き始めた。薫は、そんな湯川のふざけた態度にイラつき、ボリュームをあげた。そのとき、バリバリというノイズに気づいた湯川は、小杉の髪型について薫に質問した。小杉は丸刈りだったのだが、それを聞いた湯川は閃いた…。

その夜、湯川は、千晶の部屋で実験をする。それは、赤いコートを着た薫を先に千晶の元に行かせ、遅れている湯川を探しに戻らせる、というものだった。薫と入れ違いで到着した湯川は、薫を待たずに話を切り出した。

湯川は、事件当日、商店街で黄色いコートを目撃した人物が複数いたという。が、それは美鈴ではなく別の人物だった。つまり、千晶は、窓の外の人物が黄色いコートを着ていたために、先入観でそれを美鈴だと思ったと結論を先に説明した。

しかし、千晶は、湯川の説を否定する。

と、そのとき、湯川は部屋の明かりを消してカーテンを開けた。結露で曇った窓の向こうに、赤いコートを着た人物が立っていたが、湯川は、その人物が持っているスケッチブックの数字が読めるか、と千晶に尋ねる。

それに対して千晶は、数字は読めなくてもあれが薫であることくらいは分かる、と言うが、しかし、湯川が窓を開けると、そこには赤いコートを着せられたマネキンが置いてあった…。

さらに湯川は続けた。この事件が、ストーカー殺人を装ったまったく別の事件である、と…。


【関連記事】
ガリレオ、映画化が決定!! 
※今秋公開予定の映画版「ガリレオ」に期待しましょう。当ブログでは映画化の最新情報が入り次第、お届けします。


ガリレオ 秋の新ドラマ紹介ブログ トップページへ戻る

テーマ:ガリレオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

04 : 23 : 04 | ガリレオ あらすじ | トラックバック(0) | コメント(4) pagetop
| ホーム | 次ページ

プロフィール

★獅子丸★

Author:★獅子丸★
FC2ブログへようこそ!

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数 人が登録
▲ぜひご登録お願いします♪

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。